いわき市立平第五小学校2年生の皆さんが来館者60万人目となりました。 2018年11月20日

お知らせ

2018年11月20日(火) 来館者60万人達成

 文学館開館20周年記念の今年、来館者60万人を達成することができました。開館以来、文学館にお越し下さった皆様にお礼申し上げます。60万人目となったいわき市立平第五小学校2年生の皆さんには、記念品として文学館ガイドブック「みる・感じる・つくる」と文学館特製鉛筆を差し上げました。
 文学館はこれからも多彩な事業を展開し、親しまれる施設を目指して皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
 現在、開館20周年記念 秋の企画展 生誕120年記念「猪狩満直展」を開催中です[12月24日(月)まで]。猪狩満直(いがりみつなお)の作品は彼の生活のなかから生まれ、北海道での厳しい開墾の日々をはじめ、愛情深い眼差しによって家族や友人とのぬくもりに満ちたひとときを生き生きと描き、時を超えて読者の胸に響きます。生誕120年を記念し、彼の人間味あふれる作品の魅力を、ゆかりの詩人との交友も織りまぜながら紹介します。
 あわせて、文学館の常設展示室では、草野心平の生涯と作品の魅力を紹介。心平をはじめとしたいわきゆかりの文学者の著作を閲覧できる文学プラザや、子ども向けの絵本などが楽しめるえほんのひろばは、どなたでも無料でご利用いただけます。ぜひ、ご利用ください。


企画展のご案内


開館20周年記念 秋の企画展「生誕120年記念 猪狩満直展」

 


催し物のご案内


クリスマスえほんコンサート

小学生までの参加者、先着150名には、サンタクロースがお菓子をプレゼントします。

日時 2018年12月23日(祝)14時〜15時

読みきかせ いわき絵本と朗読の会(代表 箱﨑耕平)
 いわき市内で絵本の読みきかせ、朗読等の活動を続けている。

フルート演奏 小沼裕一(こぬま ゆういち)
 いわき市出身、在住。大学時代よりフルート演奏を始め、マンドリンクラブでフルートを担当。現在、市内のギャラリー、福祉施設などで演奏活動を続けている。

ピアノ演奏 木田麻貴(きだ まき)
 いわき市出身。東京音楽大学音楽学部器楽専攻卒業。これまでに鈴木和子、中山栄美子、樋口恵子、須田眞美子の各氏に師事。2008年、フランス・ムーランダンテ夏期セミナーにおいてステューデントコンサートに出演。2010年、「葉っぱのフレディ」コンサートにて恩師である樋口恵子と共演。現在、いわき市内で後進の指導にあたっている。

主な内容
 小学校低学年向けの絵本「クリスマスのほし」「トーマス きゃくしゃをひく」等を読みきかせるとともに、クリスマスにちなんだ楽曲を演奏します。

会場 文学館小講堂
鑑賞 無料です。お申し込みも不要ですので会場にお越しください。

協力 いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会











2018年度(2018年4月〜2019年3月)の催しご案内

カフェ&レストラン スピカ

 いわき市立草野心平記念文学館併設のカフェ&レストラン スピカでは、心平の故郷でもある雄大な阿武隈山系を眺めながらお茶やお食事をお楽しみいただけます。
 11月〜2019年3月まで、冬季休業となります。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。詳しくはこちらへ。

草野心平ゆかりのいわきの詩人・作家

草野天平(くさの てんぺい)

猪狩満直(いがり みつなお)

吉野せい(よしの せい)

三野混沌(みの こんとん)

いわき市立草野心平記念文学館
 ボランティアの会

 日々、文学館の活動をを支えてくださっているボランティアの会のfacebookです。
いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会facebook

周辺のご案内

 いわき市小川町を中心に、いわき市立草野心平記念文学館、いわき市草野心平生家周辺の見どころをご紹介します。

リンク

 いわき市内の施設、主な文学館を紹介します。

お問い合わせ

いわき市立草野心平記念文学館
〒979−3122
福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939
E-mailinfo@k-shimpei.jp


ページのトップへ戻る